大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センター試験 '2014 の出題予想!
 受験生の皆さん、センター試験1日目お疲れ様でした。明日は理系科目ですね。

自分もここ何週間と受持ちの生徒の指導に追われて、なかなかブログが更新できずにいました。

さて、やはり試験直前には暗記事項の確認をしておかなければいけません。とは言っても、全てを一気に見直すのはなかなかできないでしょうから、過去問を踏まえてこれは直前に見ておいた方がいいんじゃないかと思うものをリストアップしてみました。当たってくれればいいのですが。。

(電気化学)
鉛蓄電池と二次電池

(無機化学)
・沈殿
  過剰の塩基(NaOH、NH3水)で再溶解する金属イオン
  Fe2+とFe3+を見分ける方法
  硫化物の沈殿
・気体の製法と性質
・硫酸と硝酸の性質、希と濃による違い
・Al、Fe製法、Cu、Znの元素、化合物の性質
・アルカリ金属とアルカリ土類金属の違い

(有機化学)
・サリチル酸、エタノール、アセトアルデヒドの反応系統
・立体(「同一平面」など)
・ニトロ化の実験操作とその意味

東進のHPによると文系科目は全体的に易化~昨年並みの科目がほとんどだったようですね。理系科目についてもその傾向が当てはまる可能性は高いでしょう。

明日は自分も、実際の問題が手に入り次第解いてみようと思っています。受験生の皆さん、最後まで頑張って下さい!
センター試験解答速報についての話題
 未だセンター試験の熱が冷めきらないなか、大学入試センターや大手予備校などからセンター試験の解答と解説が続々発表されています。

受験生の皆さん、答え合わせは既にお済みでしょうか?二次試験は目の前です、点数の良し悪しに眼を奪われている暇はありませんよ!


 ところで少し与太話になりますが、大学受験教育をビジネスという観点から考察すると、予備校などの受験業界にとってセンター試験は一つの大きなヤマです。

というのは大学受験生の大半が受験し、なおかつ同じ問題を解き、公式に問題と解答が公開されるからです。大学受験の第一関門であるうえに、衆目にさらされ注目を集めています。

しかも、解答形式が記述式ではなく選択式であるため、原則として別解がありません。なので、皆が同じ答えを導き出せないといけない。出題者側にもそのような特殊性が求められます。

このセンター試験をいかに突破させるかが、教育に携わる者としての技量の見せ所であります。だからこそ、各予備校がこぞってセンター試験の分析をいちはやく公開しようとするのです。

しかも予備校によっては解説の授業が無料で聞けたりします。これは言って見れば予備校で行われる授業の「サンプル」なわけです。より良い解説をしている予備校が将来的には選ばれてくるわけですから。


 つまり裏を返せば、このセンター試験の速報・分析は、予備校にとって相当サービスをしているわけです。すなわち利用価値が高いんです。本来はそれでお金を取るべきものを、宣伝のために無料で公開しているのですから。

解説の仕方などは、それぞれの予備校によって特色がありますが、受験生の皆さんにとってはそれらのサービスを活用しない手はありませんよね!


 以下にセンター試験の速報を掲載している主なページを集めました。ご活用下さい↓

   センター試験H25年度の速報ページ集

  ~ 大学入試センターの発表した解答 ~

大学入試センター 本試験解答
http://www.dnc.ac.jp/modules/center_exam/content0559.html


  ~ 予備校・出版社の解答解説・分析サイト ~

旺文社 2013年度大学入試センター試験速報
http://passnavi.evidus.com/center-sokuhou


河合塾 2013年度大学入試センター試験速報
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/13/


代々木ゼミナール 2013年度大学入試センター試験速報
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/center/recent/index.html


ベネッセ・駿台 2013年度大学入試センター試験速報
http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/index.html


東進ハイスクール 2013年度大学入試センター試験解答速報
http://www.toshin.com/center/


城南予備校 2013年度大学入試センター試験解答速報
https://www.johnan.jp/sokuhou/index.html
センター試験お疲れ様でした!
受験生の皆さん、2日間に渡る長い闘いお疲れ様でした!

疲れをひきずって体調を崩したりすることのないよう、今日はしっかり休まれた方が良いと思います。

自分はまだ問題を見ていません、後日改めて分析しようと思います。

今後受験生の皆さんがすべきことは、発表された答えを元に自己採点し、自分の点数を出すことです。

答え合わせをして点数を出すのは勇気がいることですが、二次試験出願の戦略を立てるのに自分の点数を把握することは必ず必要です!

先延ばしにしても意味はありません。「兵は神速を尊ぶ。」素早く行動し、ライバルの一歩先を行きましょう!

とにもかくにも、今日はお疲れ様でした!
2013年度センター試験開始
いよいよ始まりましたセンター試験。

一日目である今日は文系科目、二日目の明日が理系科目、化学Ⅰの試験は明日ですね。

受験生の皆さんが今まで蓄えてきた自分の力を存分に発揮できることを祈っています!
センター本番直前に解いておきたい過去問セレクト集2013
平成24~18年度の過去問を分析して、センター試験に頻出の出題パターンや必要な知識事項を確認するのに良い問題を集めました!※H20(1)は「平成20年度の問1」を表します。

第1問 ~小問集合~

(結合と分子の構造)
H20(1)-a 「三重結合」
H24(2)「二重結合」
H19(1)-c 「共有結合」

(原子の構造)
H24(2)
H22(4)
H20(3)

(物質の分類)
H19(3)「単体」
H20(1)-c 「純物質」

(周期表とその傾向)
H19(2)「イオン化に関するエネルギー」

(単位換算)
H21(5)

(身近な化学反応の例)
H24(5)


第2問 ~理論化学~

 ~熱化学~

(熱化学方程式)
H19(1)
H24(1)
H23(1)
H23(3)


 ~酸・塩基~

(塩)
H22(2)

(中和滴定)
H23(5)
H19(2)
H20(2)

(滴定曲線)
H21(3)
H24(4)

(酸・塩基小問)
H19(3)
H24(2)


 ~酸化・還元~

(酸化剤・還元剤・酸化数)
H20(3)

(酸化還元反応)
H24(5)
H22(3)

(電気分解)
H21(4)
H24(6)※標準レベルの良問。
H18(4)※難問!(センター最高レベル)

(電池)
H19(5)「鉛蓄電池」


第3問 ~無機化学~
※無機化学はセンターの過去問で勉強するより、問題集や図録で勉強した方が良いと思われます。オストワルト法に関する大きな出題が近年見られないので、今年は要注意かも。

H20(1)

(試薬の取扱法)
H24(1)

(酸化物)
H19(2)

(アルカリ土類金属)
H24(6)

(ハロゲン)
H20(2)

(遷移元素)
H19(5)

(無機反応の計算問題)
H20(4)

(工業化学)H20(3)
H24(7)「アンモニアソーダ法」


第4問 ~有機化学~

(有機化合物の性質)
H24(1)「炭化水素」
H23(1)「アルコール」
H22(1)「油脂、石鹸」
H20(1)「高分子化合物」
H19(2)「カルボン酸」

(異性体)
H22(3)

(元素分析)
H21(6)
H24(7)
H19(7)

(構造決定)
H21(7)「炭化水素」
H22(2)「エステル」
H23(6)

(分液操作)H19(6)
H24(5)

(合成経路)
※以下のURLにあるような系統図の一部を切り取って問題に出されるパターンもよく出題されています。
http://www.dainippon-tosho.co.jp/archive/h_school/file/rika/o-compound.pdf

(有機実験の様子)
※H23(5)のように有機反応の実験について問われる形式も出題されています。実験操作の様子が頭に浮かべられるようにし、また操作手順がどのような意味を持つかを理解しておきましょう。


センター化学の過去問はこちらから無料で閲覧できます。
http://school.js88.com/sd_article/dai/dai_center_data/jsc_centerEx_exam:y:3.htm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。