大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重要問題集の歩き方 '2013 vol.26 第20章 実験器具
「重要問題集の歩き方」では、実戦 化学I・II重要問題集 2013年効果的な使い方について解説しています。

 目指せ、重問マスター!!

実戦 化学I・II重要問題集 2013年実戦 化学I・II重要問題集 2013年
(2012/11)
不明
商品詳細を見る



 前回は化学Ⅱの有機化学についてお話しました。

今回は最終章である第20章で取り上げられている実験器具について整理していこうと思います。


 実験器具についての知識は、毎日実験を行っている研究者にとっては常識であっても、化学実験をほとんど行わない高校生にとってはなかなかイメージが湧きにくいものでしょう。

入試で頻出な実験器具については、重問の中でもこれまでにいくつか取り上げられています。

 ○滴定実験に用いる実験器具、操作方法 【127】
  → コニカルビーカー、メスフラスコ、ホールピペット、ビュレット

 ○有機化合物の組成分析装置 【203】 

 ○塩素の製法 【161】


上記3つ以外でも重要なのが第20章に取り上げられているものです。

問題ごとにまとめてみると、

 ○試薬の保存方法
  【256】 


(無機化学実験)

 ○気体の製法
  【257】→【258】


(有機化学実験)

 ○エチレンの製法
  【261】


 ○エステルの合成
  【263】

 ○繊維の合成
  【262】


(その他)
 ○キップの装置、ふたまた試験管
  【259】 

 ○蒸留装置
  【260】


上記のうち青文字のものは入試でも頻出です。それぞれの実験の原理、器具の選択方法や使用時の注意点を押さえておきましょう。

 また、重問に載っていない器具としては、有機化合物の分離(【198】,【202】)で用いられる「分液漏斗」については押さえておきたいでしょう。奈良県立医大の2012年【3】が良い問題です。奈良県立医大の過去問は、メディカルラボのHPで閲覧できます(要登録)。


 この「重要問題集の歩き方」では、26回に分けて「実戦 化学I・II重要問題集 2013年」の効果的な使い方について考察、説明して参りました。

今回を本講座の最後といたしまして、また新たな講座を掲載して参ろうと思います。

今後も当ブログをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/92-30660e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。