大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重要問題集の歩き方 '2013 vol.23 化学Ⅱの無機化学
「重要問題集の歩き方」では、実戦 化学I・II重要問題集 2013年効果的な使い方について解説しています。

 目指せ、重問マスター!!

実戦 化学I・II重要問題集 2013年実戦 化学I・II重要問題集 2013年
(2012/11)
不明
商品詳細を見る



 前回は第9章の化学Ⅱの範囲についてお話しました。

今回は 化学Ⅱの無機の分野 についてです。


 無機化学は大半が化学Ⅰの分野で、センター試験でも必ず問われますが、化学でも少しあります。

 ①錯イオン

 ②溶解度積

以上の2つです。


①錯イオンに関する問題が
 【172】→【179】
です。

これは遷移元素が配位子と配位結合して、錯体を作るというものです。どのような配位子が結合するか、錯体の形、色について押さえておきましょう


②溶解度積に関する問題が
 【185】→【186】
です。

溶解度積は平衡定数の応用で、沈殿の生成状況の指標になる値です。融合問題で出題されやすい分野です。


 以上が化学Ⅱの無機分野についてのお話でした。

次回は化学Ⅱの有機分野についてお話しようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/89-635e3e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。