大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重要問題集の歩き方 '2013 vol.5 第1章の進め方
「重要問題集の歩き方」では、実戦 化学I・II重要問題集 2013年効果的な使い方について解説しています。

 目指せ、重問マスター!!

実戦 化学I・II重要問題集 2013年実戦 化学I・II重要問題集 2013年
(2012/11)
不明
商品詳細を見る



 前回までは化学Ⅰの範囲について、分野(章)全体をおおまかに見てどう学習を進めていくかについてお話してきました。

今回からは章ごとに、どのように進めていくべきかの指針を示していきたいと思います。


 第1章は物質の構成粒子と化学の基礎法則という題名です。

この章にはテーマが大きく2つに分かれます。

 ①原子の構造と電子配置

 ②化学の基礎法則

まあ題名を言い換えただけのような気がしないでもありませんが、そのように2分されています。


 ①原子の構造と電子配置については、p.3の重要事項のまとめの「1」~「5」にまとまっています。加えて「6」、「7」は原子から電子を得たり失ったりして電荷が過剰になる話。

 ではp.4からの問題を見て行きましょう。この章は化学の根本の部分なので知識事項が多いです。

全問解けるでしょうが、その順番としては、まず

 【1】→【14】→【2】→【3】

が一くくりです。これらの問題は、物質の分類について。混合物、純物質、単体、化合物といった類の内容です。まとめ(p.3)でいうと「1」や「2」の内容です。

次に

 【5】→【6】→【8】→【9】→【10】

が一くくりで、これらは原子の構造と電子配置について。まとめ(p.3)でいうと「3」~「5」の内容です。

その次は

 【7】→【13】→【15】

が一くくりで、これらはイオンとそれに関わるエネルギーについて。まとめ(p.3)でいうと「6」、「7」の内容


以上が①のテーマについて。


 ②化学の基礎法則については残りの問題ですが、

 【4】→【12】

の順番で解きましょう。ここは法則名を個々に丸暗記するのでなく、化学史の流れに基づいて、どのように原子や分子、反応式の概念が提唱されてきたかを押さえると理解しやすいでしょう。注意すべきは、定比例の法則と倍数比例の法則を混同しないことくらいですかね。


 以上が第1章の歩き方です。 次回は第2章の歩き方についてお話しようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/69-1b018298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。