大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前期日程を終えて
 昨日、今日で二次試験の前期日程が一段落しました。皆さんはこの一年間培ってきた力が出せましたでしょうか。

前期の合格発表は3/9,10に行う大学が多いようです。後期試験は3/12,13に行われる大学が多いようなので、合否が分かるのは後期の直前ということになりますね。合格発表までは気を抜かずに勉強を続けましょう!


 今日は趣旨を変えて公立大の中期日程の試験について少しお話しします。(今年度の受験生は既に出願も終わってご存知と思いますが、来年度の受験生のために。)

中期日程は前期と後期の間に公立大学で行われ、多くは3/8に行われるようです。こちらに中期日程を開催する大学が一覧にまとめられています。


 後期日程と日は近いですが、国公立大学を受験できるチャンスということもあり、第一志望の大学の滑り止めとして利用される側面もあります。

たとえば、医学部志望の受験生が薬学部のある大学を受けたり、京大、阪大の工学部を志望している受験生が大阪府立大の工学部を受けたり、などが考えられます。そういった受験生は学力のレベルが高いので、上位層はかなり良い成績を取ってきます。しかし、前期で第一志望の合格が決まっていればそちらに流れるので、合格者全員が入学するというわけではないというのが実情のようです。


 本ブログの問題解説でも中期日程の大学の問題を取り入れていこうと思っております。中期日程を受験される方の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/36-5d7d7ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。