大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年はあっという間ですね。
 ご無沙汰しております。受験生の皆さんは、センター試験・私大受験に向けての追い込みで忙しい時期でしょう。

 今年は本業の方が忙しく、また高3生の化学を担当する機会がなかったこともあり、なかなかブログを更新するモチベーションが上がらず、期待して頂いた方々の期待を裏切る形となってしまって申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 私事で恐縮ですが、来年度から私立医学部の受験生を専門にした個別指導の塾に勤務させて頂けることになりました(科目は化学ではなく、数学ですが・・)。塾のテキストの改編を依頼されてしまい、そのネタ集めや他の仕事に奔走している今日この頃です。


 今日は、受け持ちではない個別指導の生徒からセンター化学の計算問題の質問がありました。今は高校入試の受け持ちが多いため、センター試験が近付いているという実感がなかなか湧きませんでした。

質問の内容は化学基礎のレベルで、毎年センターに出題されるような単位換算の典型問題でした。が、やはり日頃から公式や解法の暗記に頼るような勉強をしてきた生徒にとっては、いくら演習しても自信が持てないテーマなんだろうな、とよく感じます。

 今年から課程が変わるので、センターの出題の内容に関して詳しいことは言えませんが、旧々課程の化学ⅠB(2005(H18)年以前)の出題が参考になると個人的には考えています。気体や結晶格子などの演習には良いでしょう。

 古いセンター試験の問題は、過去問集や東進のHPで見ることができます。

 年末年始は時間がありそうなので、明日はこの時期のセンター試験に向けた勉強法について自分の経験を交えて書こうと思います。最後の追い込みに追われる受験生が多いですが、そこで陥りがちな罠についてお話するつもりですので、勉強の合間に読んで頂けると幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/114-4bd176f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。