大学入試・受験化学の勉強を応援してます。ブログ
大学入試で化学が必要な受験生のためのブログです!入試問題の解説や受験テクニックについての記事を書いています。内容についてのご質問・ご指摘等あればいつでもお待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高3春から始める受験化学の勉強法 vol.2 「3分野の勉強の順序」
 前回は、化学は理論、無機、有機の3分野に分かれるということをお話ししました。今日はこの3分野を具体的にどのように勉強して行けば良いかについてお話ししましょう。

まず勉強する順序についてですが、理論 → 有機 → 無機の順を推奨しています。これは暗記事項で点が伸びる分野を後回しにする戦略です。

理系科目は定義や理論をもとに「思考力」が必要になります。化学では特に、理論や有機の点を伸ばすには思考力が必要です。この「思考力」というのを伸ばすのはなかなか難しい、特に独学では。これを実現するには早い段階から思考に関する前提知識を整理し、それをもとに考えるという作業を繰り返していかないといけない。そうして経験値を積んでいけば、ある時ふっと開眼するときが来るものです、個人差がありますが。これを理解できないからといって後回しにして、暗記事項ばかり勉強していると、完全に手遅れになってしまう危険が高い。だから、最初は分からなくてもいいので必死に悩んで下さい。

また、暗記した専門的な内容というのは、何度復習しても、研究者のように毎日手に触れていない限り忘れてしまうものなのです。よほど化学が好きでマニアックな人は勉強すればするほど頭に入るでしょうが、化学に苦手意識を持つ人にとっては苦痛でしかない。ここでは「試験で点を取る」目的に絞って勉強法を提案したいので、暗記事項はできるだけ記憶が新鮮な状態で試験に臨むことをお勧めします

ですので、暗記が多い無機化学は勉強の後半に持ってくることにしますこの戦略の欠点は、模試で無機分野の問題が壊滅することです。暗記で済む問題は、逆を返せば暗記していないと点数が取れません。天国か地獄なわけです。ですので、無機の勉強をしていないと無機の問題はほとんど解けない(理論分野を勉強していれば少しは解けますが)。だから、この戦略だと模試の点数はなかなか伸びないでしょう。ですので、模試の点数を取って安心感を得たい方は、無機の勉強は理論や有機と並行しながら毎日コツコツやるようにして下さい。まあこれは個人的な意見ですが、曖昧にしか勉強していない状態で模試を受けたところで、点が出ようが出まいが大して差はないと思いますがね。

化学の勉強法の理想は、毎日実験することです、もちろん計画書や記録を付けること前提で。そうすれば、化合物や器具の名前も覚えられるし、イメージもつく、計算の方法も体が覚える。しかし、それが実現できる環境はかなり特殊で一般向けではない、高校の化学部に入っていたとしても難しいでしょう。ですので、座学でいかに現実の実験をイメージできるようになるかが鍵となります。

 今回はここまでにしましょう。次回は理論化学の勉強法とコツについてお話ししようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenchem.blog.fc2.com/tb.php/113-a1f7a907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。